東海村の名産に触れる~東海村で土地をお探しならフローレスタ須和間〜

東海村 名産

東海村の豊かな食の名産

東海村には豊かな自然の元、果樹や野菜など農業も盛んです。
東海村の名産品はぶどう、梨、いちご、メロン、栗、さつまいもなどがあります。
東海村の巨峰は8月からハウスもの、9月から露地ものが収穫されます。ぶどうは、巨峰のほか、デラウエア、高尾、シャインマスカットなど約30種類が栽培されています。89月にはぶどう狩りが農園で開かれ、多くの人で賑わいます。

梨は、赤梨の「幸水」と「豊水」を中心に栽培されています。東海村産の梨はたっぷりの果汁が特徴です。甘さと酸味のバランスがよく、たっぷりの果汁が口いっぱいに広がります。照沼や須和間、船場地域を中心に栽培されています。

さつまいもは茨城県が生産量全国2位です。東海村の名産品「さつまいも」をテーマにしたいものお祭り、「東海I~MOのまつり」と「東海村産業祭」が毎年同時に開かれています。祭ではさつまいも料理を味わうこともできます。イベントも盛りだくさんです。
芋焼酎も名産の1つです。ほし芋の原料のさつまいも「玉豊」で作られています。ほし芋は茨城県が全国1位の生産量です。全国のほし芋の9割以上が茨城県で生産されています。特に東海村とひたちなか市で盛んです。11月から2月の乾燥時期を利用して作られます。

東海村に居を構えることで、このように様々な名産に触れることができます。
季節ごとに旬の名産を食す贅沢を、ここ東海村で味わってみてください。

コラム一覧