エネルギーを身近に~東海村で土地をお探しならフローレスタ須和間〜

東海村の土地でエネルギーについて考える

東海村の土地の特色として、国内でもハイレベルのエネルギー関連の施設が集積していることがあげられます。筑波研究学園都市などの先進的な取り組みや、鹿島臨海工業地帯の大規模コンビナート、火力発電や原子力発電が立地していることを活かして、茨城県では、これらの取り組みを結びつける「次世代エネルギーパーク」を構成しています。
「次世代エネルギーパーク」では、地球温暖化を防ぐために、二酸化炭素の排出を抑えて環境負荷が低い、新エネルギーの導入が求められていることを受け、県内を3地区に分けて新エネルギーを中心とした取り組みを行う企業や研究を広く紹介しています。
協力施設として、例えば、プラネタリウムなど幅広い展示が充実した「(公財)つくば科学万博記念財団 つくばエキスポセンター 」や、太陽光発電に取り組む「(独)産業技術総合研究所 太陽光発電施設(メガソーラータウン) 」などがあります。さらに、原子力発電について学べる「(公社)茨城原子力協議会 原子力科学館 」、日本の農業や食についての研究成果・技術を学べる「(独)農研機構 食と農の科学館」、工場見学も楽しめる「キリンビール(株)取手工場」などがあります。

次世代エネルギーの先進地となる東海村の土地

茨城県のエネルギーの研究成果が蓄積されている東海村の土地では、よりエネルギーを身近に感じて、学ぶ環境が整っています。国内での先進的な取り組みに身近に触れ、エネルギーを考えることは、ご家族にとっても、お子さまにとっても、環境問題について肌で感じる機会となるのではないでしょうか。
フローレスタ須和間には、地球にやさしい、新エネルギーの可能性を身近に感じて、生活の中で意識を高めていくことができる環境が整っています。フローレスタ須和間ですくすく育つ子供たちにとっても、先進的な取り組みに触れることは、刺激的で有意義なものとなることでしょう。

コラム一覧