金利や返済期間…将来安心な住宅ローンの組み方

金利や返済期間…将来安心な住宅ローンの組み方

住宅ローンで住宅を購入する場合、金利や返済期間など、様々なプランを提案される機会も少なくないでしょう。しかし、正直それらがどう違うのか、また自身の家庭にとってはどれが得なのか、など混乱してしまう人々も多いことが現状です。どうせローンを組むなら、将来まで安心できる方法が良いですよね。

まずは、金利について。

実は、全期間固定型、変動型、固定期間選択型の3タイプがあることはご存知でしょうか? それぞれのメリットとしては、全期間固定型は、返済中の金利が固定されるため、生活プランが立てやすいところにあります。変動型は、金利が0.5〜1%未満と低い金利が魅力的。固定期間選択型は、その名の通り金利を一定期間固

定したい人のためにあり、その金利は固定期間が長ければ長いほど低金利なのです。変動型や固定期間選択型は、返済額が上がる可能性もあるため、家計に余裕がある家庭や、将来の収入アップ等が見込めている場合には良いかもしれません。

次に、返済期間について。

返済期間決めの基本は、長めに組んで、計画的繰り上げ返済です!  老後の生活を考えると住宅ローンは退職前に完済することが理想ですが、返済期間を短くしても毎月の負担が多く、特に子育て費用がかかるご家庭には痛手です。返済期間は、繰り上げ返済次第でいくらでも短縮できます。臨時収入が入れば返す方法で、余裕のある返済計画を送りましょう。

金利も返済期間も、住宅ローンにはバランスが重要!  無理しすぎず、安定した生活が送れるプランが一番良いのです。