うちではいくらの住宅が購入できる?  買える価格を計算するには金利を知ろう!

うちではいくらの住宅が購入できる? 買える価格を計算するには金利を知ろう!

住宅を購入する際、ご家庭によってそれぞれ条件は異なってきます。例えば、収入であったり、またどんな方法で住宅ローンを組むのかなど。重要なのは、自分たち自身がどのくらいの価格の家を購入できるかを知ることです。

まず、買える価格を知るには、頭金+住宅ローンの借入額で目安を知ることができるため、まずはそれらの把握から始めましょう。

しかし、ここで直面するのが住宅ローンの適用金利問題。実は、住宅ローンの金利は金融機関ごとに毎月見直されているのです。また、民間ローンも実際に金利が適用されるのが、物件費の引き渡し時の金利のため、1年後に引き渡される物件は、1年後の金利が適用されるので注意が必要です。

また、住宅ローンは、金融機関独自のローン、または住宅支援機構の提携による全期間固定型の「フラット35」の2種類に大きく分類されているため、金融機関により金利が大きく異なります。最近では金利以外のサービスを充実させている期間も多く、それらを目当てに機関を決定するご家庭も少なくありません。

保証料がかかる住宅ローン、別途生命保険料を支払いサービスを受けるパターンなど一概に住宅ローンとは言え、別途費用が必要となるケースもあります。

住宅ローンの種類はさまざまであり、ご家庭によって適当なプランも変わってきますが、これらを把握することでどのご家庭であっても購入できる住宅の価格を知る手立てとなります。住宅ローンの金利は受けるプランによって大きく異なりますから、しっかりと認識しておきましょう。