ヤマモモ

フローレスタ須和間になる、ヤマモモとは?その特徴と実用性について

自然豊かな東海村。都会的な雰囲気がありながらも、フローレスタ須和間は、人々の癒しの場にもなるたくさんの自然に囲まれています。中でも、「ヤマモモ」と呼ばれる木が注目されています。

四季の森公園になるヤマモモとは

ヤマモモとは、その名の通り、山にモモのような果実がなる木です。成木は20mほどにもなる高木で、3~4月には桃色の綺麗な花が咲き、6月にはツヤのある赤い小ぶりな果実を実らせます。緑化を目的として植樹されることが多いため、街路や公園でよく見られる樹木でもあります。

ヤマモモ②

熟した果実は、甘酸っぱい味が特徴で、生でも食べることができます。最近は、「やまももドリンク」と呼ばれるヤマモモの清涼飲料水が売られているくらい注目の食物でもあるのです。ジャム、缶詰、砂糖漬け、リキュール等に加工されることも多く、レシピサイトでも多くの調理法が掲載されている現状。実際に、摘んだヤマモモの果実を使って、家庭でジャムを作る主婦も多いと言います。

話題のヤマモモは、とても実用性がありそうです。フローレスタ須和間での生活にも、ちょっとした楽しみを与えてくれそうですね。