594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_m

お金を借りて贈与扱い回避!親に借りるポイント

親からの贈与を受けた場合、贈与税等負担になるものが出てくることも確かです。ですが、「借りる」という方法であれば贈与扱いにならないケースも。

借入条件や、返済が曖昧だと贈与扱いになってしまうこともあるので、そこの線引きはしっかりしていきたいところです。

■金利に注意

無利息やあまりにも低金利であると、借りる側に利益があるとみなされ贈与税の対象となることがあります。

■契約書は必須

金額、金利、期間、返済方法などを記載した契約書は、親子間でも必ず用意しましょう。

■契約内容は常識の範囲で

親子間だからと言って非常識な契約内容はNG。一般的な住宅ローンの契約を参考にしましょう。

■定期的に返済を

贈与とみなされないためにも、定期的な返済を忘れずに。振込みなど証拠が残る方法で返済をすることが重要です。

おわりに

きちんと規則を守って借入すれば、贈与を受けるよりもお得な方法となります。一歩間違えれば贈与扱いになることもあるので、事前にしっかりと内容をチェックしておきましょう。