建築

後悔しないマイホームの選び方!「建築条件なし」を強くお勧めしたい理由

建築

人生の中で一番大きい買い物、そして多くの方の憧れと言えば、やはりマイホーム!でもいざ家を建てるとなった時、まずはどこから手を付ければ良いのかよくわからないですよね。

一戸建て?
マンション?
建築条件付き、建築条件なし???

家を建てようと思ってから、初めて耳にする単語も多いかと思います。

家を購入するのは人生に1度の方がほとんどです。誰しもが「家ってどうやって買うんだろう?」から始まるので、いま何も分からなくても問題はありません。

今回はマイホームを選ぶ上で、最初の選択肢で躓かないように、マンション・建売住宅・注文住宅のメリット、デメリットについてまとめてみました。

参考にしていただければ幸いです。

1.マンションと一戸建ての選択肢

まずマイホームを購入する上で一番最初に決めること、それは

  • マンションを購入する
  • 一戸建てを購入する

のどちらを選択するかです。

マンション

マンションのメリット・デメリット

  • メリット・・・ 物件価格が安い傾向。セキュリティ面で優位。
  • デメリット・・ 資産価値が残らない。管理費、修繕積立金の負担がある。

一戸建てのメリット・デメリット

  • メリット・・・ プライバシー面で優位。資産価値が残る。
  • デメリット・・ 物件価格が高くなる傾向。セキュリティ面を意識する必要がある。

マンションと一戸建てではどちらが良いの?

マンション、一戸建て、それぞれに良いところはあります。地上から離れた所に住みたい、住民が集まっていた方が心強いとお考えになる方は、マンションを購入する方向で検討されると良いかと思います。

ただマンションを購入された場合、その土地は世帯主様のものにはなりませんし、部屋が繋がっている都合上騒音面で気遣いが必要になります。

せっかくのマイホームですから、なるべく解放された空間で過ごしたいですよね。またお庭があるのとないのとでは、将来の楽しみ方も変わってきます。例えばお庭でバーベキューをしたりだとか家庭菜園をするとかですね!

長く住む事を考えますと、私どもと致しましては広々とした土地に一戸建てを検討される事をご提案させて頂きます。

今回は特に「一戸建て」について掘り下げて書いてみようと思います。

2.一戸建てには3種類の購入方法がある?

仮に一戸建てを選ばれた場合、購入方法は下記の3通りあります。

  • (A)建売住宅:土地付きの家を買う
  • (B)注文住宅:【建築条件付き】の土地を購入し、家を建てる
  • (C)注文住宅:【建築条件なし】の土地を購入し、家を建てる

設計図と家

それぞれの特徴をご紹介します。

建売住宅:土地付きの家を買う

(A)の建売住宅とは、土地と建物がセット販売される住宅で購入検討時期に最終価格が判断出来る物件です。土地、建物を合わせて住宅ローンを組める事から手続きが楽というメリットがあります。

その一方で、建物の間取り/デザインについては決まってしまっている為、個性を出した建物には出来ないというデメリットがあります。

[MEMO]
既に支払った手付金などは戻ってきます。
また違約金が発生する事はありません。

注文住宅:【建築条件付き】の土地に家を建てる

(B)の建築条件付きというのは建物に制限があるという意味ではなく、建築会社が既に決まっているという制限があります。

土地を購入後、スムーズに建築の工程に移る事が出来るのでメリットでもあるのですが、それがデメリットにも繋がります。

主導権は不動産会社にある為、世帯主様の意見が反映させづらく、3か月間(※)の間に間取りを決め、建築業者と建築工事請負契約を結ばなければなりません。

【建築条件付き】も【建築条件なし】ほどではありませんが、世帯主様の意見を取り入れる事は可能です。ですが、3か月という限られた期間の中で、全て納得する間取りにするのは困難ですし、建築業者も要求をのむのには限りがあります。

もし最初の設計図の段階で、世帯主様との感性が合わなければほぼ間違いなく期限間近になっても納得のいく設計図が出来上がる事はないと言ってもいいでしょう。

※期間については一概には言えませんが、全国的に3か月間という契約がほとんどです。

もし期間内に、建築工事請負契約を結べなかった場合は?

期間内に折り合いがつかず、建築契約を結べなかった場合、建築条件を飲めなかった事になるので、土地そのものの契約が無効になり契約解除となる可能性すらあります。

比較的トラブルが多いのも、この【建築条件付き】物件です。

注文住宅:【建築条件なし】の土地に家を建てる

一方で、(C)の建築条件なしの場合は建築会社の選定から家の間取りまでを世帯主様が全て自由に決める事が出来ます。
建築条件付きの場合のように3か月という期限はありません。

土地を購入してから建築契約までの期間制限が無いので、時間に余裕を持ち納得いくまで間取り等を決められるのが最大のメリットです!

【建築条件なし】は、自分だけのマイホームをゆくまで検討できるのが、魅力だと考える方も多くいらっしゃるようです。
一生に一度の買い物ですし、後から後悔しないように、納得してから家を建てていただきたいと、私どもも考えております。

その反面、上の2点と比べて細かいところまで確認していかなければならず、大変というデメリットがあります。

しかしながら、ご自身や奥様・ご家族などの意見を聞きながら、そういった細かい部分を確認していく作業も、人によっては楽しく、メリットとして捉える方もいらっしゃるかもしれませんね。

3.一戸建てで建てるならどの方法が良いのか?

簡単にまとめますと、下記のようになります。

  • 建物優先・・・(C)注文住宅(【建築条件なし】)
  • 価格優先・・・(A)建売住宅
  • スピード優先・・・(B)注文住宅(【建築条件付き】)

一戸建ては欲しいけどとにかく安く買いたい!となれば話は別ですが、何十年とその建物で暮らす事になるわけですから、私どもと致しましては、土地だけではなく建物にもこだわって頂きたいと考えています。

(C)の【建築条件なし】のデメリットは、管理が大変なところとお伝えしましたが、裏を返せば最初から最後まで自分で管理出来るという事です。のちのち自分の住む家になるわけですから楽しんで取り組んで頂けるのではないでしょうか。

4.フローレスタ須和間をぜひご見学下さい!

私たちが運営するフローレスタ須和間では、立地の良い場所に【建築条件なし】でマイホームを建てて頂く事が出来ます!

場所は茨城県の東海村という場所になります。

東海村ってどんな地域?

疑問な奥さん

簡単に東海村の説明を致しますと、面積は38.00km2で、人口は37714人(平成30年1月1日現在)となります。

東海村_人口割合
(出典:とうかいの統計)

若い世代が多く、活気があるのも特徴のひとつです。

東海村は子育て支援が充実!

子育て支援もしっかりしており

  • 高校生にあがるまで医療費は無料
  • 待機児童数は全体の1%以下(平成29年4月1日現在)

といった特徴があります。

その為、茨城県内では出生率が第5位、15歳未満の人口割合は第2位と、子供が育てやすい環境です!

資料請求

マイホームを検討されている方、子育てのお考えの方、まずは資料をご請求下さい。

http://floresta-suwama.com/request/

資料を見て頂き、もし興味を持たれましたらぜひ遊びに来て下さいね!

http://floresta-suwama.com/

コラム一覧