家族で楽しむ地域祭り~東海村で土地をお探しならフローレスタ須和間~

東海村には家族で楽しめるイベントがもりだくさん

今回は、東海村の村内イベントについてご紹介します。東海村では地元住民と新しく移り住んできた新住民を融和させるために、様々なイベントが企画されてきました。

げんでん東海テラパークで行われるげんでんハロウィンパーティーは、親子で楽しめるプログラムで構成されています。ハロウィンをモチーフにした自由工作やドッグショー、クイズラリーが楽しめます。
同じくげんでん東海テラパークギャラリーで行われるつるし雛展は、1月中旬から3月上旬にかけて行われます。多くの美しくかわいらしいつるし雛が所狭しと飾られている様は圧巻です。
げんでん東海テラパークギャラリーにて行われた南部菱刺し展では、テーブルセンターやタペストリーなど細かい刺し子を見ることができました。南部菱刺しは青森県南部地方の工芸品です。

クリスマスとうかい元気市は、12月中旬に合同庁舎で行われる村内イベントです。サンタさんからプレゼントをもらったり、もちつき大会に参加したりと、毎年趣向を凝らした、親子で楽しめるイベントが用意されています。小学生の演奏も楽しみの一つです。

東海村は子育て家族にとって人気の村

東海村という土地は、水戸から約15キロメートル離れた場所にあり、東は太平洋、南はひたちなか市、西は那珂市、北は久慈川を間に挟んで日立市と接しています。豊かな自然と文化が生きている村として、1955年に誕生しました。今では5つの村立幼稚園と6つの小学校があり、小学校の児童数は1校あたり100名から600名ほどです。子育てファミリーが多いので教育機関や病院、ショッピングエリアが充実しており、家族連れで東海村の分譲地に土地と一戸建てを求める人は多いです。住宅地用として整備され、公園が近くにあり車通りのすくない道沿いにある土地は、特に子育て世代の家族に人気です。同じ年ごとの友達と触れ合え、のびのびと外遊びが楽しめるからです。

また、東海村で分譲されている土地は、60坪から100坪と都心に比べて広くなっています。また地質が固く水はけの良い土地なら災害にも強いので、子育てが終わり、退職してもそのまま安心して住むことができます。
50年後も安心して暮らすなら、東海村のフローレスタ須和間を是非、ご検討ください。