2階建て

2階建てのメリット・デメリットとは?新築で建てる時に知っておきたい 6 つのこと

家を新築しようって思った時、「2階建て」がまず頭に浮かぶ方がほとんどでしょう。辺りを見渡せば目に入る住宅のほとんどが2階建てです。

2階建て

それもそのはず、一戸建て住宅の80%以上を2階建て住宅が占めているのです。2階建て住宅が増え始めたのは高度成長期の時代以降、その背景にはそれまでの暮らし方との変化・耐震性能向上・コストパフォーマンスが挙げられるでしょう。

現在、一戸建て住宅で一般的な存在の「2階建て」住宅について、メリット・デメリットを紹介していきます。

2階建てのメリットとは?

2階建てはプライバシーの尊重がしやすい!

2階建ては、1階と2階で生活空間を分ける事が出来ます。

これによって1階は家族が集まる空間、2階は寝室・個々人の部屋と切り分けたり、2世帯住宅を作りたい時にはおすすめです。

親御さんと近くで暮らしたいけどお互いのプライバシーは尊重したい、そんな時に2階建てであれば、入り口(玄関)から分ける事も可能です。

2階建ては限られた土地を有効に使うことが出来る!

2階建ては、庭のスペースを広く取る事が出来ます。

庭

都心はもちろんの事ですが、ある程度の土地が確保しやすい地域だとしても、少しでも有効活用したいものです。建坪率・容積率を考慮し2階建てにすることで、必要な部屋数・機能を確保しながら、尚且つ庭のスペースを大きく取ることが出来ます。

土地・建坪率に対し、目いっぱいの平屋を建てるよりも、2階建て住宅にし、ゆとりのある庭を作った方が総合的に満足のいく家づくりが出来るかもしれません。

庭は、家族団らん・お子様の遊び場として重要な場所にもなります。身近で四季の移り変わりを感じられるようにもなりますので、建物だけではなく「どんな庭にするか」という事も重要な検討要素の一つだと思います。

1階の一部を車庫にする事も出来る!

車をお持ちの方は、車を止めるスペースの確保が必要です。

車を日光から保護する場合にはルーフも必要になります。そうしますと庭の大部分を、車で占拠されてしまう事にもなってしまいます。

2階建てであれば、1階部分の一部を車庫スペースとして確保する方法が取れます。これによって庭をすっきり見せる効果もありますし、ドアtoドアになるので雨天時は特に便利!どんなに天気が悪くても、車の乗り降りに気を使う必要も無くなります。

また見た目が秘密基地のようで、ワクワク感がありますよね。男性の方は特に気にいる外観になるのではないでしょうか。

2階建てのデメリットとは?

階段スペース・場合によってはトイレが複数必要!

2階に上がる為には階段が必要です。階段のスペースは基本的にデッドスペースになりがちで、圧迫感を与える事もあります。

但し、近頃はなるべく圧迫感を与えない造りやスペースを有効に使う間取りを検討する事も出来ますので、工務店にご相談頂ければと思います。

階が複数ある場合、トイレは各階ごとに設置した方が何かと好都合ですが、その分スペースが必要です。

小さいお子さんに危険な場所が増える!

2階建てになると先ほど挙げた階段やベランダ等、危険な場所になりうる場所が平屋に比べ増えてしまいます。

ベビーゲート

特にお子さんが小さい時は事故に繋がる可能性がありますので、その辺の対策を考える必要があります。

光熱費・自然災害対策に費用が掛かる傾向にある!

平屋と違い部屋数が増えるため、冷暖房・光熱費にお金が掛かりがちです。

また平屋と比較し地面から遠くなりますので安定力が下がります。自然災害対策の施工がありますので、台風・地震の自然災害に対し危険という事はありませんが、その施工費用が平屋より掛かる傾向にあります。

2階建てのメリット・デメリット まとめ

いかがでしたか?平屋と比較した時に施工主様の目的にあった間取りが作れるのも2階建てのひとつの魅力です。

私達が運営するフローレスタ須和間ではご希望に合わせた土地をご用意する事が出来ます。茨城県東海村に位置するフローレスタ須和間は、環境もよくアクセスも良い土地柄です。興味を持たれましたらぜひお気軽に資料請求をお願い致します。

関連記事>>>茨城ってどんなとこ?茨城に住んだら行ってみたい場所7選

資料請求|フローレスタ須和間の情報をいち早くお届けいたします

コラム一覧