茨城県で結婚をされる方は「iPASS(アイパス)」が必須です!

茨城県の少子化対策課が面白いサービスを開始しました。

結婚準備でうれしい。新婚生活でうれしい。

茨城の協賛店舗でちょっといいことが起こる「iPASS(アイパス)」制度を20181122日にリリースしました。

【対象】

18歳以上の201841日以降に結婚された方もしくは1年以内に結婚予定のカップルを対象にいばらき結婚応援パスポート「iPASS」をカードもしくはアプリで配布されるとのことです。

この「iPASS」カードもしくはアプリを協賛店舗で提示すると割引やプレゼント、その他協賛店舗の独自に設定した優待サービスが受けられるとのことです。

こちらのステッカーやロゴが目印ですね。

こちらから詳細を確認してみてください。

→ iPASSの詳細を確認する

また、茨城県の中でも東海村は子育てに力を入れています。

ちょっと面白い施策を取り上げさせていただいたので、ぜひチェックしてみてください。

東海村の子育て支援アプリ「東海村子育て応援のびのび子育て帳」

茨城県第2位の出生率を誇る東海村(平成25年 茨城県社会生活統計指標より)。子育てしやすい環境であることは間違い無いのですが、子育てをしている中で不便になってくるのが、行政からくる書類です。

 

1歳の予防接種が~

2歳では検診が~

といった具合に幼児の頃は行政からの連絡がいっぱい。

これだけあったら、連絡の用紙がどこにいったかわからなくなることも。。。

 

そこで東海村の自治体が進めているのが、子育て専用のアプリ「東海村子育て応援のびのび子育て帳」の開発です。

 

東海村子育て応援のびのび子育て帳:http://www.tokai-kosodate.jp/

任意で生年月日を登録するとその月齢にあった情報を配信してくれたり、アプリ上でお子様の成長を記録していくことができます。

また、各種子育て支援関連情報を一覧で確認いただくことも可能です。

WEB上での管理なので、引越しの際に送られてきた書類をなくしてしまっても大丈夫です。

再度ログインし直して、詳細情報を確認することができます。

 

これで引越しの際にどこにしまってしまったかなど探す手間を省くことができます。

 

全国では、「町内会」や「自治会」、「区会」など2013年の時点で約30万弱の団体が存在しています。その中でこのようなアプリを導入しているのは、まだたったの130箇所程度なんですね。

 

フローレスタ須和間のある東海村は、このような最先端の子育て支援体制を取っています。

最先端の子育て支援に興味があるようでしたら、ぜひ一度フローレスタ須和間に足を運んで、周辺環境を確認してみてください。

 

来年10月に増税予定! 消費税が変わるとどうなるの?

憧れのマイホームを手に入れるためには、各種の税金がかかります。
各種税金の中でもマイホーム建設に大きな影響を及ぼす消費税は2019年の10月に税率を10%にアップする予定です。
税金が軽くなる方法を習得して、お得なマイホームをゲットしましょう!

 

対策1、2019年3月までの建築請負契約で消費税アップの負担を回避。10月以降の引き渡しでも8%のまま!
対策2、2019年4月1日以降の建築請負契約でも2019年9月末日までの受け渡しで消費税8%のまま!

 

 

憧れのマイホームを建てるには契約から考えると6ヶ月以上かかる場合がほとんどです。
消費税が8%で契約できるのは、実はもうあと半年もありません。
気に入った土地を見つけるまで何回も足を運びたいということを考えると早く動き出さないと間に合わないかも。。。
土地やハウスメーカー探しは早めに動き始めましょう!

【消費税】

2019年10月から消費税がアップすると原則それ以降に引き渡される住宅も消費税10%になります。

日々の生活に「幸せ」を感じるには何を充実させればよいか? 1万人に聞いた調査結果を徹底解析

先日、どんな「住まい」に住んでいるかによって、人が感じる「幸福度」に大きな影響を与えるという興味深いレポートを拝見しました。

もちろん何に幸福感を感じるかは十人十色だと思います。

ただ統計上、多くの人がどんな事に影響されて幸福感を感じているかという調査結果は見てみたいと思いませんか?また、それを知る事により、生活していく上でのちょっとした指針にもなるかもしれませんね。

とても面白いレポートだと思いましたので、皆様にも紹介させていただきたいと思います。

※今回のコラムは下記の資料を参考にさせて書かせていただいております。

出典:リクルート住まい研究所 研究レポート「主観的幸福度と住まいの関係」(宗建/2018)、都市住宅学会「住まいが主観的幸福度に与える影響」(宗建・新井優太/2018)
調査概要:2017年8月28日~2017年9月6日の期間に首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に在住の1万2608人から回答を得た。割り付けはワークス研究所のJPSED2017(全国就業実態パネル調査)に準拠し、15歳以上の男女を性別・年代・職業・最終学歴で256セグメントに分けた。

日々の生活の「幸福度」と「住まい」の関係とは?

何がどれくらい幸福度に影響を及ぼすか?

日々生活をしていく上で、様々なお悩みがあるとは思いますが、どんな悩みを解決すれば幸福度は上がるのでしょうか?
また、どんなことが充実していれば幸せと感じるのでしょうか?

将来への不安?
仕事、もしくは趣味の時間?

さっそくですが、下記の表をご覧ください。

こちらは首都圏にお住いの1万2608名の方を対象にした調査結果を元に、どのような事が幸福感に影響を及ぼすか数値で示したものです。パーセンテージが大きいほど、幸福感に対して大きな影響があるという事になります。

これを見ると人の幸福感に及ぼす影響が最も高いものは「住まい」という結果になっていますね。

幸福感を感じるために「住まい」が占める重要度

結果を見て、いかがでしたでしょうか?
2位の「人間関係」というのは、なんとなく予想がつくかもしれませんが、どんな所に住んでいるかが1位というのは意外に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちも不動産業に携わる人間として「住まい」の重要性に関しましては認識しているつもりでしたが、数字として出てくると身が引き締まる思いです。

もちろん、日々の生活をより幸せに過ごしていくためには、様々な問題解決が必要になるとは思います。また、どの問題を解決したら幸せになりやすいかは人によって異なります。

ただ「住まい」というものの重要性を認識していただければ、今後の人生の岐路において大きな指針になるのではないかと思います。

ちなみに「住まい」の内訳は「地域」11.9%、「建物」6.9%となっています。

どんな「建物」に住むかという事より、どんな「地域」に住むかという事のほうが幸福度への影響が大きいようです。

では一体、どんな「地域」に住めば、より幸せを感じられるようになるのでしょうか?

どんな「地域」に住むのがよいか?

地域を選ぶための指針とは?

またこちらの調査結果をご覧ください。

こちらは地域の満足度を高めるにはどの項目が重要か、交通利便性や近所付き合いなど、約30項目について調べた結果をランキングにまとめたものです。

1位はダントツで「親しみやすさ」という結果になりました。

「親しみやすさ」を感じるポイントは人それぞれだとは思いますが、街の雰囲気が好きだったり愛着をもっていたり、ご近所様との関係が良好だったりなど、そういった項目が地域満足度に影響しているようです。

前述した通り、「人間関係」も幸福度に大きく影響を及ぼしますから、やはりその地域のご近所付き合いというものの影響力は大きいのではないでしょうか?

住む前からどんなご近所さんが住んでいるかはわからなくても、例えば同世代の方が多く住んでいたり、生活環境が似ている方が多い地域のほうが、トラブルも少なくストレスの無いご近所付き合いがしやすいかもしれませんね。

私たちが管理・運営しておりますフローレスタ須和間の場合では、入居時のご年齢が20代・30代の方が多く、小さなお子様がいる若い世代のご家族にご好評いただいております。

ご結婚されたばかりのご夫婦や、まだお子様が小さいご家庭の方であれば、同じ悩みを共有でき、良好なご近所付き合いをしていただけるのではないかなと思っております。

また幸福度と同様、人によって何が地域満足度に影響を及ぼすかは異なります。

例えばお子様のいる女性は「親しみやすさ」を重視する傾向があるそうです。
逆に未婚男性の場合は「都心へのアクセス」が重要なようです。

人それぞれ、何を重視するか見つめなおし、地域を選ぶ事が大切なようですね。

地域を選ぶときに見落としているポイント

ちなみに住む地域を選ぶときに重視されるポイントと、住んでから重視されるポイントは異なるという調査結果もでています。

左が住まいを選ぶときに重視される項目。右が住んでから満足度を高めるために重視される項目です。

「治安のよさ」は共通しているようですが、他は結構違いますね。

地域を探すときには行政支援や生活の利便性には目が行くが、実際に住んでから満足度を上げるには「親しみやすさ」が重要という結果になっています。

これは地域を選ぶときには見落としているポイントがあるという捉え方もできるのではないでしょうか?

住まい選びのときに行政支援などに注目するのは当然大事です。住んでからの満足度ランキングに入っていないのは、皆様それなりに納得した場所を選んでおり、差がつきにくというのが理由との事です。

行政などの支援に関しましても、住まい選びの際に吟味するのは必須だと思います。

ただ、住まい選びの際に長く住んで「親しみ」を感じれそうかどうかという事も判断材料として持っていただくと良いのかもしれません。

どんな「建物」に住むのがよいか?

長く住むための拘りのマイホーム設計

「地域」だけでなく「建物」についてはどうなのでしょうか?

やはり居住空間である部屋の広さや数などが満足度に大きく影響するという結果になりました。

日当たりなども重要だとは思います。ただやはり、そもそも住まい探しの時点で皆様納得の行く場所をお選びいただいているようなので、差が付きにくいのかもしれません。

また、住む「地域」と同様、性別やお子様の有無によっても影響度は変わるようです。
例えばお子様がいる家庭であれば、バルコニーや庭が広いご自宅のほうが満足度が高まる傾向にあります。

一戸建てとマンションでの傾向の違い

さらに、一戸建てとマンションの場合も傾向に違いがあるようですね。
一戸建ては閑静で自然が身近なエリアが選ばれ、マンションは眺望や都心アクセスの良い地域が選ばれるようです。

特に一戸建ての場合、一生に一度のお買い物という意識が強いでしょうから、長く快適に住めるという部分を重視されているのではないでしょうか?

マイホームは新築であれば、とにかくこだわって建てたいですよね。
それが今後の生活の幸福度に長く、大きく影響するという事であれば尚更です。

ただし、新築の場合は建築条件というものがございます。

建築条件に関しましては「後悔しないマイホームの選び方!「建築条件なし」を強くお勧めしたい理由」という記事にて以前書かせていただきましたので、よろしければご一読くださいませ。

私たちには、一生に一度のマイホームだから、お客様に拘りぬいていただきたいという思いがございます。その為、フローレスタ須和間では「建築条件なし」というお約束をさせていただいております。

「住まい」で日々に幸せをプラスしたい

幸福度を高めるためのキーワード

以上、幸福度に関する調査結果をご紹介させていただきました。
幸福度を高める「住まい」についてまとめてみますと下記のようなキーワードが挙げられるかと思います。

  • 親しみやすさ
  • 治安のよさ
  • 都心へのアクセス
  • 行政支援
  • 部屋の広さや数
  • 長く住める
  • 閑静で自然が身近

…etc.

全ての項目を満たす事は難しいかもしれませんが、自分にとっての優先度をつけていただき、住まい探しの判断材料にしていただけたらなと思います。

茨城県東海村に位置するフローレスタ須和間にも、今回挙げられたキーワードにいくつか当てはまる部分があると思っております。

例えば「親しみやすさ」というキーワード。

先ほど書かせていただきましたが、フローレスタ須和間の入居時年齢は20代・30代の方が多く、小さなお子様がいらっしゃるご家族にご好評いただいております。

子育ての悩みを共有するにも、お子様たちが友人を作るにも適した地域だと自負しております。

また、お子様の安全を守る仕組みがフローレスタ須和間にはあります。

それが「タウンセキュリティ」です。

お子様を守る仕組み「タウンセキュリティ」とは?

フローレスタ須和間では専属のタウンセキュリティを完備し、定期的なパトロールを行っています。

早朝から深夜まで、街全体をパトロールカーや徒歩で巡回しているため、生誕以来、犯罪件数0件となっております。

また、小さなお子様にとって脅威となる「交通事故」などを未然に防ぐための施策なども実施し「安心して子育てができる街づくり」をモットーとしております。

住まい探しでも、住んでからでも「治安のよさ」を重視する傾向があるというお話を書かせていただきました。それだけ皆様が事件や事故の存在を身近に感じており、安心・安全を求めているという事なのではないかと思います。

私たちも、皆様の幸福度に貢献できるよう、より良い街づくりを今後とも続けていく所存でございます。

私たちの考え「永住思想」

その他にも「都心へのアクセス」「閑静で自然が身近」という点も当てはまりますし「建築条件なし」なのでマイホームを建てる際にも拘りぬいた家を建てていただく事ができます。

私たちがフローレスタ須和間で掲げているコンセプトは「永住思想」です。

一生の「住まい」となる街。お子様にとっても「故郷」となる街。そんな街づくりを目指しています。

フローレスタ須和間について詳しくご説明させていただいたページを公開させていただいておりますので、よろしければご一読くださいませ。

<<生誕以来、犯罪件数0件! フローレスタ須和間の特長>>

また、ご来場もお待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

現在、ご来場いただいた方に3,000円のQUOカードをプレゼントさせていただくキャンペーンも実施しています。ウェブの来場予約フォームからご予約いただいた方限定となっておりますので、ご来場ご希望の方は本サイトの来場予約フォームからご予約いただきますよう、何卒宜しくお願い致します。

今回の記事が、皆様の住まい探しの一助となりましたら、大変光栄でございます。

またお住まいに関する記事などを投稿していく予定ですので、よろしければブックマークなどしていただけますと幸いです。

フローレスタ須和間フォトコンテスト受賞作品発表!

審査員である谷健二映画監督から今回のフォトコンテスト の総評と最優秀作品の寸評をいただきました。

 

総評

個性あふれる写真をたくさん拝見させていただきました。

空、緑、子供たちの笑顔印象的でした。

 

最優秀作品ですが、、、、

alnight様のこちらの作品が受賞いたしました。

 

 

View this post on Instagram

 

フローレスタ須和間 フォトコンテストノミネート作品 気に入った作品にいいねをお願いします。 #フローレスタ須和間

フローレスタ須和間さん(@floresta.suwama)がシェアした投稿 –

 

寸評

最優秀賞には、青い空に、新築の住宅街を走りまわる子供たちの写真を。

 

都内近郊ではなかなか見られない光景。急いで走る子供たちはかけっこをしているのか、

おやつの時間で家に帰るのか、それとも秘密基地に向かうのか、自身の子供時代を思い出しました。

 

構図も面白く、子供の「赤」がアクセントになっていて、名監督の映画を彷彿とさせます。

 

フローレスタ須和間の雰囲気がとても出ている写真だと思い選びました。

 

受賞されましたalnight様おめでとうございます!

 

授賞は、フローレスタ須和間インフォメーションセンター内で行いました。

その写真をご覧ください。

鈴縫工業開発営業部不動産課の歩み

フローレスタ須和間

1971年(昭和46年)

鈴縫工業株式会社開発営業部不動産課は、昭和46年8月26日に宅地建物取引業の茨城県知事免許を取得し、事業開始しました。

1973年(昭和48年)

【鹿野原団地】分譲(茨城県北茨城市 全141区画)

1974年(昭和49年)

【中丸団地】分譲(茨城県日立市 全347区画)

茨城県土浦市で初めての分譲マンション【桜川ハイツ】(全51戸)の分譲を開始し、その後【西山団地】(茨城県土浦市 全40区画)、【旭ヶ丘団地】(茨城県日立市 全119区画)、埼玉県春日部市及び、茨城県内でミニ開発分譲を行ってきました。

1992年(平成4年)

事業エリアを拡大し、宅地建物取引業の免許を国土交通大臣免許へ免許換え。

東北での分譲を主力として、大型団地【サウスヒルズ三神峯公園】(宮城県仙台市 全116区画)、分譲マンション【ノバハイツ信夫ヶ丘】(福島県福島市 全63戸)、【ノバハイツ日和山公園】(山形県酒田市 全87戸)、【ノバハイツ三神峯】(宮城県仙台市 全52戸)の分譲。

2006年(平成18年)

【フローレスタ須和間】(茨城県那珂郡東海村 現在436区画)の分譲事業を茨城交通㈱様より事業継承しています。

現在

当初は207区画の団地でしたが、弊社にてその後も宅地造成を行い、現在は436区画となりました。最終的には約700区画の大型団地となる予定です。
平成27年に新規造成した135区画は現在も販売しています。